カマチグループ

学校案内

海外研修旅行

海外の医療現場を知って視野を広げていく

当学院では毎年、海外交流の一環として海外研修でカンボジアの医療施設を訪問して、海外の医療現場を体感することで視野の広い人材育成をめざしています。

海外の医療現場を視察してインターナショナルな人間へ

医療体制が十分とはいえないカンボジアの「アンコール小児病院」や「ハンディキャップ・インターナショナル」といった医療施設を訪れて、開発途上国での国際医療協力や開発教育の現状を学び、さらには、開発途上国の諸問題にふれることで、学生の国際理解・国際感覚のよりよい発展をめざします。

アンコールフレンズ基金に協力しています。

アンコール小児病院は、アンコール・ワットで有名なカンボジアのシュムレアブ市に、1999年1月に開院しました。ニューヨークの写真家 井津建郎氏が、アンコール・ワットの遺跡の写真を撮っていた時、周りの大勢の子どもたちが集まってきました。子どもたちの中に地雷で足を失ったり、顔が傷ついた子どもたちを見て、傷ついた子どもや、マリア、デング熱にかかっても、貧しさのため治療が受けられない子どもたちのために、小児病院をつくろうと決心したのがきっかけです。
 当学院の理事長はアンコール小児病院の建設プロジェクト開始当初から医療顧問として携わっており、研修旅行でアンコール小児病院を訪問しボランティアや募金活動に協力しています。

認定NPO法人
フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN

〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-7-5-203
TEL/FAX:03-6421-7903
E-Mail:friends@fwab.jp