カマチグループ

学校案内

理学療法学科:設立の目的

理学療法学科

「人間愛・自己実現」が教育理念。
地域医療に貢献できる人材を育成

 当学校法人 福岡保健学院は、平成16年4月に小倉・下関・八千代に、平成19年4月には福岡和白リハビリテーション学院を開設し、一貫して地域医療に積極的に貢献できる理学療法士の育成を行ってきました。近年では高齢化に伴い、疾病予防や予防介護といった、いわば“事前準備”による予防医療と、早期回復を手助けする“リハビリテーション”が重要視されています。それに応じて、専門的な知識や技術をもった理学療法士への関心が急速に高まっています。今後も高齢者は増加していきますので、健康管理や維持といった分野で活躍できるセラピストへの期待は大きなものとなっています。

地域医療の中核を担う。在宅での生活と療養がカギに

 高齢者問題に加え、現在では介護に関する需要や問題も、社会的規模で解決が急がれるテーマとなっています。介護保険制度導入と、その見直しにより、とりわけ在宅リハビリテーションの分野で高齢者や障害者を支援する、よりレベルの高い多くの専門職が求められているのです。その地域医療の中核を担う理学療法士を目指す若者は、大きな社会貢献をすることができます。これは社会全般にリハビリテーション医療の大切さが認識されてきた結果です。在宅分野においては、社会構成の側面から見ても、必要さが見直されてきています。

理学療法学科:学ぶスタイル

心豊かなメディカルスペシャリストを目指して
理学療法学科

 病気や怪我などで障害を持った方や、それらのおそれのある方に対して、身体と心の両面から治療や援助を行う専門職、それが「理学療法士」です。近年は病院だけでなく在宅生活を基盤として行う地域リハビリテーションや生活習慣病の予防・コントロールといった保健福祉分野、さらにはスポーツ医学の分野など幅広い分野で理学療法が行われています。本学科では最先端の施設と器具を使用し、専門的な知識(解剖学・生理学・運動学など)や、治療手技の技術を学ぶとともに、心豊かな理学療法士を育てていきます。

看護学科:設立の趣旨

看護学科

高度化・専門化する医療現場に対応するため
「質の高い看護」を実践できる人材を育成

 当学校法人福岡保健学院(以下当法人)は、看護師養成所を平成2年に福岡看護専門学校3年課程(第1科)、平成4年に2年課程夜間定時制(第2科)、平成16年に2年課程通信制(第3科)を、また平成20年に遠賀郡水巻町に福岡看護専門学校水巻校3年課程を開設しました。さらに、平成22年4月には、下関リハビリテーション学院を改組、看護学科を開設しました。
これら関連校の卒業生は、学校で習得した専門的な知識と技術、豊かな人間性を持って各地の医療の第一線で活躍しています。近年、医療の現場は高度化・専門化し、それに伴い看護業務が多様化・複雑化して、これまで以上に「質の高い看護」が求められる様になってきました。自ずと教育の場における「質」も問われ、「統合分野・統合科目の創設」・「各分野での教育内容の充実」・「看護師に必須の技術項目と卒業時到達度を明確化」を改革の主眼とした新カリキュラムが、平成21年度の入学生から導入されました。また、看護師の需要が高まっており、今後も看護師需給の不足が予測されている今日の社会的背景を踏まえ、当法人は、平成23年度に武雄看護リハビリテーション学校 看護学科を開設することを決意しました。

看護学科:めざす教育

専門職業人としての教育に加え、人間としての成長をめざす

 入学後は専門職業人としての教育に加え、人間としての成長をめざした教科外活動も計画しており、その一つとして、カンボジア・アンコール小児病院への研修を予定しています。 国外での看護活動を見学・体験し、将来的に国内外を問わず活躍できる人材を育てる等、他の看護師養成所や看護大学にはない特色を出し、創意工夫を重ね魅力ある看護学校の運営をめざします。
新卒看護師の「一人で自信を持ってできる看護技術」が少ないという事実がありますが、当校では、看護師としての臨床経験と豊かな教育経験を十分に積んだ教員による教育と、更に主たる実習施設として平成23年6月に新築移転が予定されている新武雄病院を考えており、救急看護からターミナルまで、看護師としての知識と技術と態度を十分に学べる環境が整っています。
看護教育について論議されている教育年限の延長についても視野に入れ、ハード面・ソフト面共に充実させ、かつ柔軟な教育内容を考えていきます。そして、学生の個別性を大切にしながら「専門職業人としての育成」をしていくことで、社会に貢献できる人材を育成していきます。